遠山家文書の目録作成



                    目録作成作業の様子 
第6回
 苗木遠山史料館が所蔵する藩主遠山家に残された文書は、 その後の調べで7,600点となりました。 中津川市文化振興課では平成30年秋から5年間の予定で遠山家文書7,600点の資料目録 作成作業を進めています。
 作業は古文書解読の専門スタッフと支援スタッフ13名で進めています。 所蔵文書1点 について記載内容、紙質、装填、大きさ等を記録してデータベース化します。
 令和元年12月末現在5,867点まで進んでいます。

スタッフの声 : 目録作成作業は3月までは順調に進んでいましたが、4月からはコロナ禍で中断し
         ています。それまで週2回午前中の作業で①形状・法量・紙数などを計測する班、
         ②作成年代・作成者・題名などを記録する班、③写真撮影をする班、④パソコンに
         入力する班を分担しながらチームワークよくてきぱきと作業を進めてきただけに、この中
         断は残念でなりません。 早く再開出来ることを願っています。



掲載(最終更新 : 2020年5月10日)

中津川市苗木遠山史料館
〒508-0101 岐阜県中津川市苗木2897番地の2 メールによるお問い合わせ
電話 0573-66-8181 ファックス 0573-66-9290