遠山家文書の目録作成



                    目録作成作業の様子 

第4回
 苗木遠山史料館が所蔵する文書はおよそ7,000点、そのうち藩主遠山家に残された文書は 5,500点あります。 中津川市文化振興課では平成30年秋から5年間の予定で遠山家文書5,500点の資料目録 作成作業を進めています。 作業は古文書解読の専門スタッフと支援スタッフ13名で進めています。 所蔵文書1点 について記載内容、紙質、装填、大きさ等を記録してデータベース化します。
 令和元年8月末現在2,900点まで進んでいます。

スタッフの声 : 明治中期の遠山家文書に取り組んでいます。
         華族としての東京の生活、明治22年に苗木へ戻ってからは、学習院で学ぶ
         青年(14代友郷)の後見人(織田氏)との情報交換に、生活の実態も見え
         てきます。 



掲載(最終更新 : 2019年9月 7日)

中津川市苗木遠山史料館
〒508-0101 岐阜県中津川市苗木2897番地の2 メールによるお問い合わせ
電話 0573-66-8181 ファックス 0573-66-9290