【苗木城跡】苗木城跡散策♪♪大門



苗木城跡は木曽川沿いの大手門を使って登城する四十八曲りの入り口(城の東)から普通に武士が登城する竹門(城の北)にいたるまでの全貌が残っています。 その上、巨岩群の上に築いた石垣が張り巡らされています。往時の城の全域が保存されている日本でも数少ない城跡です。


◆大門

 三の丸から見れば、南正面に大門があります。ここからは限られた人しか通れません。
 右には勘定方の詰め所があり、この門を潜ると詰め所の前を通ることになります。
 左側の石垣の上には御朱印蔵がありました。御朱印状などの重要書類がここに納めら れていました。そのまま進めば綿蔵門です。
 突き当たりを右に降りると二の丸、左に折れ曲がって登れば坂下門です。

naegi-toyama_shiroato_20120925_1b.jpg

大門跡、左の石垣の上が御朱印蔵です

naegi-toyama_shiroato_20120925_2b.jpg

新田瑞気(にったたまき)「苗木霞ヶ城」部分

naegi-toyama_shiroato_20120925_3b.jpg

館内模型左から大門、御朱印蔵、 勘定所、綿蔵門、二の丸(白抜き文字)共にかけや造りが特徴です。



掲載(最終更新 : 2017年6月 2日)

中津川市苗木遠山史料館
〒508-0101 岐阜県中津川市苗木2897番地の2 メールによるお問い合わせ
電話 0573-66-8181 ファックス 0573-66-9290