【友の会】城跡を歩く(第2回)9月3 日(月) 阿木、飯羽間、岩村城跡を歩く



3年続いた苗木明細記も無事終わり、今年から友の会は「城跡を歩く」をテーマに勉強会を企画しています。 様々な城跡を見れば見るほど苗木城跡の良さを再認識している次第です。 4月2日の阿寺城跡歩きは山登りと変わらない過激なものでしたが、 今回は楽だよと聞いていました。ところが城跡はどこも山の上。やはりハーハー、ゼーゼーで登ってきました。

阿木城跡は見張り台程度と聞いていましたが、両面の峰からの防御の堀切も急峻で、郭、竪掘、土塁、帯郭も立派なものです。 神坂の霧ケ城跡とは違い本格的な城跡でした。ボランティアで案内をしていただいた方も良く資料を作られてお見えで、良くわかりました。

飯羽間城跡は田畑の中にある小高い丘です。近世苗木遠山氏の旧城でした。 遠山友政が幼少時代から暮らしていた所です。

岩村城跡は下から大手一の門、二の門、大手曲輪、三の丸、搦手門、菱櫓、二の丸、東曲輪、長局、本丸と続く本格的なお城でした。 今回は二の丸の駐車場から本丸へ行きましたが、一度は大手一の門から歩きたいものです。

岩村城跡近くの妙法寺へ寄って帰りました。苗木(新谷)の仏好寺は明治時代の廃寺の際に、同じ日蓮宗の妙法寺へ位牌、仏具、扁額などを託したそうです。 今回の訪問は、その諸品を見学することにありました。

naegi-toyama_tomonokai_20120911_1.jpg

阿木城跡入り口

naegi-toyama_tomonokai_20120911_2.jpg

阿木城跡の本丸跡

naegi-toyama_tomonokai_20120911_3.jpg

飯場間城跡の本丸跡

naegi-toyama_tomonokai_20120911_4.jpg

岩村城跡の本丸跡

naegi-toyama_tomonokai_20120911_5.jpg

妙法寺

naegi-toyama_tomonokai_20120911_6.jpg

ご住職から説明を受けています
鴨居の扁額が苗木ゆかりの品

naegi-toyama_tomonokai_20120911_7.jpg

苗木ゆかりの経典

naegi-toyama_tomonokai_20120911_8.jpg

苗木ゆかりの三十神像

naegi-toyama_tomonokai_20120911_9.jpg

遠山家の位牌も残っていました



掲載(最終更新 : 2017年6月 2日)

中津川市苗木遠山史料館
〒508-0101 岐阜県中津川市苗木2897番地の2 メールによるお問い合わせ
電話 0573-66-8181 ファックス 0573-66-9290