【資料紹介】下野天領境界図



◆収蔵品紹介

享保17年(1732)、苗木領地の知行500石分の土地(村)が幕府に召し上げられ、加茂郡の四ヵ村(吉田・大野・寺前・小野)が天領になりました。 しかし土地がやせていたため、延享2年(1745)、幕府は従来の所と、生産力の高い下野村(現福岡町)の土地と交換させ、幕府直轄としました。 黄色の部分が天領です。

naegi-toyama_intro_20120302_1.jpg

  下野天領境界図
  75cm×104cm 制作年不詳

「恵那山」2003年10月号



掲載(最終更新 : 2017年6月 2日)

中津川市苗木遠山史料館
〒508-0101 岐阜県中津川市苗木2897番地の2 メールによるお問い合わせ
電話 0573-66-8181 ファックス 0573-66-9290